2017年東京で開催の展覧会にグラスミア・ジンジャーブレッド・ショップがお目見え

どのような経緯でこの作品が生まれたのでしょう。「この春に初めてイギリスを訪れたのですが、友人たちと計画した水彩旅行だったんです。」とは、八久保卓爾さん。「グラスミアには4日滞在しまして、その折りに、このジンジャーブレッドのお店を描いたんです。」描き終えた八久保さんは、グラスミア・ジンジャーブレッドを購入、とても美味しかったとのことです。

日本に帰国して後、八久保さんはグラスミア・ジンジャーブレッド・ショップの162年に及ぶ歴史をウェブサイトで知り、グラスミア・ジンジャーブレッドの共同オーナーであるジョアン・ハンターさんに手紙をしたためて本作品について知らせました。お礼にと、イギリス女王生誕90周年記念の特別缶詰パックをジョアンさんから受け取った八久保さん曰く、「この旅がいっそう忘れられない大切なものとなりました」。

非常勤で美術を教えている八久保さんは世界中を旅することが好きで、旅先で目にする景色を描きためています。「湖水地方の景色は大好き。地元の人々も優しい方々で、いつか再訪したいと思っています」と、目を輝かせる八久保さん。「次回はバラの季節ですね」。ジョアン・ハンターさんも作品に大喜び。「作品は私たちのお店をとても美しく表現してくれています。来年東京で開催される八久保さんの個展で、私たちのお店の絵が展示されるなんて、今からとても楽しみです」。

Thursday 8th of September 2016

Back to Latest News



 

オンラインでのご予約は・・・